Intrauma コングレス 2025 in 東京

各国で大盛況のIntrauma コングレスがついに日本にやってきました!
Fixin ロッキングプレートシステムのメーカーIntrauma 社(イタリア)が主催する整形外科のシンポジウムです。
国内外で活躍する著名な先生方の講演を2 日間で一気にすべてご聴講いただけます。

コングレス日本開催記念のワークショップ(実習)もございますので、こちらも併せてご検討ください!

→ お申し込みはこちら ←

Intraumaコングレス2025 in 東京 (講義)

日時 2025年3月6日(木)~7日(金)
(2日間のセミナーとなります。)
場所 KFCホール(東京都墨田区)
参加料 85,000円(税込93,500 円)
募集対象 獣医師
定員 220名
特典

セミナー会場価格10%OFFでご注文可能です。
コングレス開催記念ワークショップ(実習)と併せてお申し込みいただくと、参加料の合計金額が 225,000円 → 205,000円(税別)となります。

Program

1日目

time 演題 / 講師 (通訳:久保田 朋子先生)
8:30 受付開始
9:00 開催挨拶 Stefano Del Medico(Intrauma)
9:10
難渋を極める手術および再手術
Dr.Massimo Petazzoni:Clinica Veterinaria(イタリア)
9:40
手根または足根の不安定症に対するバランシング骨切り術
Dr. Jan Hnizdo:Animal Clinic Bila Hora( チェコ共和国)
10:10
滑車置換術:特注プロテーゼ,PGR/TRA/マンマミーアから得た演者の経験
Dr. Jorge Leite:Bonematrix(ポルトガル)
10:40
難渋を極めた外傷患者の合併症管理
Dr. Luca Omodeo:ANUBIS BlueVet(イタリア)
11:10 休憩(20分)
11:30
特注エンドプロテーゼ
Dr. Antonio Canadillas:Ortopedista Mobil(スペイン)
12:00
CUE:いつ、何のために?
Dr. Pedro Godinho:Hospital Veterinario Puchol(ポルトガル)
12:30
マンマミーアを用いた滑車表面置換術:手技,PGRとの暫定的比較
Dr. Cristobal Frias Rides:Resonancia Magnetica Veterinaria(スペイン)
13:00 お昼休憩(50分)
13:50
クロノ・デュアル・モビリティ プレスフィット式股関節全置換術:一から挑んだ演者の経験
Dr. Filippo Maria Martini:ORTOVET(イタリア)
14:20
カルメロ・システムを用いた複雑な症例:こんなときどうしたらいい?
Dr. Wendell Barboza:Lovet s Hospital(ブラジル)
14:50
犬、猫の股関節疾患に対する股関節全置換術
是枝 哲彰 先生:藤井寺動物病院・動物人工関節センター 院長
15:10
骨折治癒の大原則:癒合不全を起こさないための作戦
林 慶 先生:コーネル大学(アメリカ)教授
15:30 休憩(15分)
15:45
演題受領待ち
枝村 一弥 先生:日本大学 生物資源科学部 獣医学科 教授/ 日本大学動物病院 ANMEC 病院長
16:05
整形外科手術のX線写真撮影における“X-ray reference indicator” 使用の重要性
泉澤 康晴 先生:北海道動物運動器病院 院長
16:25
中高齢の小型犬種における、膝蓋骨脱臼
川田 睦 先生:ネオベッツVR センター 代表取締役
16:45
脛骨の創外固定手術(術前CTおよび術中CアームX線透視ガイド下での最少侵襲手術)
陰山 敏昭 先生:名古屋動物医療センター 病院長
17:05 休憩(15分)
17:20
小型犬のShort ulnaに対する尺骨骨切り術
藤田 幸弘 先生:麻布大学獣医学部獣医学科 小動物外科学研究室 教授
17:40
トイ犬種の橈尺骨骨折に対するプレート固定術
本阿彌 宗紀 先生:東京大学大学院農学生命科学 研究科附属動物医療センター 特任助教、獣医学博士
18:00
Orthogonal plating - 橈尺骨骨折に対するダブルプレーティング
樋口 雅仁 先生:動物整形外科病院 院長
18:20 1日目終了挨拶

2日目

time 演題 / 講師 (通訳:久保田 朋子先生)
8:30 受付開始
9:00 開催挨拶 
9:10
OCD治療としてのバランシング骨切り術
Dr. Jan Hnizdo
9:40
関節固定術の合併症:回避と管理法
Dr. Jorge Leite
10:10
創意工夫が必要なときって?どうやったらいいの?
Dr.Massimo Petazzoni
10:40
内固定システムの様々な適用法
Dr. Luca Omodeo
11:10 休憩(20分)
11:30
患肢温存術を用いた骨肉腫に治療
Dr. Antonio Canadillas
12:00
SHO術:演者の経験
Dr. Pedro Godinho
12:30
関節鏡:結果を飛躍的に向上させるコツや工夫
Dr. Cristobal Frias Rides
13:00 お昼休憩(50分)
13:50
最先端を知る:小動物の股関節置換術における手術ナビゲーションシステム
Dr. Filippo Maria Martini
14:20
典型的ではない症例に対する典型的ではない解決案
Dr. Wendell Barboza
14:50
演題受領待ち
枝村 一弥 先生
15:10
大腿骨頭および骨頚部切除術
藤田 幸弘 先生
15:30 休憩(15分)
15:45
小型犬の前十字靭帯疾患に対するTPLOとECSの併用法
本阿彌 宗紀 先生
16:05
肢端の脱臼・骨折の外科治療
泉澤 康晴 先生
16:25
小型犬種における膝蓋骨脱臼を併発した前十字靭帯断裂
川田 睦 先生
16:45
犬の膝蓋骨脱臼手術における膝蓋骨形成術
陰山 敏昭 先生
17:05 休憩(15分)
17:20
アップデート:絶対的安定性と相対的安定性を再考する
林 慶 先生
17:40
橈骨尺骨骨折の癒合不全に対する同種骨移植
樋口 雅仁 先生
18:00
演題待ち
是枝 哲彰 先生
18:20 閉会挨拶

同時募集:コングレス開催記念ワークショップ(実習)

DFOとPTOの技をマスターしよう:手技の根拠からプランニングと実施まで
日時

2025/3/3(月)、3/4(火)、3/5(水)(各日同内容の1日セミナーとなります。)

場所 ピジョンセンター品川(東京都港区)
参加料 140,000円(税込154,000 円)
募集対象 獣医師
定員 各日 26名
実習使用インプラント Fixin-miniシリーズ
講師 Dr.Massimo Petazzoni:Clinica Veterinaria(イタリア)
Dr. Jan Hnizdo:Animal Clinic Bila Hora( チェコ共和国)
Dr. Jorge Leite:Bonematrix(ポルトガル)

通訳:久保田 朋子先生
特典

セミナー会場価格10%OFFでご注文可能です。
・「Intraumaコングレス2025」 と併せてお申し込みいただくと、参加料の合計金額が 225,000円 → 205,000円(税別)となります。

Program

time 演題 / 講師 (講演&実習通訳:久保田 朋子先生、実習通訳:浅枝 瑛子先生)
8:30 受付開始
9:00 開催挨拶 Stefano Del Medico(Intrauma)
9:05
概論:膝蓋骨脱臼症におけるCORA理論とアライメント矯正
9:35
脛骨が悪者のとき-脛骨の捻転度の測定法
10:05
脛骨が悪者のとき-20°以下の捻転に用いる矯正手技
10:35 休憩(10分)
10:45
脛骨が悪者のとき-20°を超える捻転に対する演者のアプローチ法(PTO)
11:15
大腿骨が悪者のとき-大腿骨の捻転度と前面における変形の測定法
11:45
大腿骨が悪者のとき-私はこうしています
12:15
小型犬とトイ犬種におけるDFO
12:45 お昼休憩(60分)
13:45
膝蓋骨脱臼症以外のDFO適応症
14:15
モジュラージグを用いたPTOとDFO,LDジグを用いたDFO,ジグレスDFO
14:45 休憩(10分)
14:55
ドライラボ:PTOの術前プランニングと実施
16:10 休憩(10分)
16:20
ドライラボ:DFOの術前プランニングと実施
17:35 修了証授与式
17:50 閉会挨拶

お申し込みの流れ

ワークショップ(実習)のお申込みをされる場合、ご希望の日程をご入力いただきます。
参加日は確定次第、メールにてご案内いたします。

※お申込み時に既に満員となっている場合がございます。予めご了承ください。

参加料のお支払については2024年9月以降にメールでご案内いたします。
お支払方法:銀行振込